株式会社アフロ テナント事業部 > AFLO心斎橋店のスタッフブログ記事一覧 > 住宅ローンを組むなら加入は必須!?団体信用生命保険とは?

住宅ローンを組むなら加入は必須!?団体信用生命保険とは?

カテゴリ:更新情報

住宅ローンを組むなら加入は必須!?団体信用生命保険とは?

住宅ローンで念願のマイホームを手に入れたとして、もし自分に何かがあった場合、残りのローンをどう支払えばいいのか不安になるのではないでしょうか。
今は良くても、将来自分が重い病気にかかったり、亡くなったりしてしまったときは、家族に残りのローンを背負わせることになってしまいます。
そこで今回は、万が一の事態に備えてくれる「団体信用生命保険」の概要や、もし入れなかった際の対処法をご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

住宅ローンを組むときは加入が必須!団体信用生命保険とは?

団体信用生命保険とは、住宅ローンが終わらないうちに債務者が亡くなったもしくは重い障がいを負った場合に、保険金で残りのローンが支払われる制度です。
債務がなくなれば、遺族はそのままマイホームを相続できるため、その後も住むところには困りません。
しかし、もし加入していなかったとしたら、遺された家族はローン返済に追われ、最悪の場合はマイホームを手放さなければならないおそれがあります。
住宅ローンは返済期間が長期にわたるため、ローンを組んだときは健康であっても、債務者に万が一のことがある可能性はゼロではありません。
債務者が亡くなるか重い障がいによりそれまでのように働けなくなったら、債務の返済がストップし、金融機関にとっては大きな痛手となります。
そのため、住宅ローンを組む場合は、同時に団体信用生命保険へ入ることが必須である場合がほとんどです。
入っていれば、債務者に万が一のことがあったとしても、保険会社が債務者の代わりに残りの債務を一括返済します。
金融機関と債務者の家族、どちらのリスクも軽減する保険と言えるでしょう。

既往症があって住宅ローンの団体信用生命保険に入れないときは?

団体信用生命保険は、一般の生命保険と同じように既往症によっては審査が通らず、入れないことがあります。
このときの対処法として挙げられるのが、ワイド団信の利用です。
ワイド団信であれば、引き受け範囲が広いため、既往症により審査を通らなかった方でも通る可能性があります。
ただし、金利は割増になるので保険料が高くなってしまうことに注意しましょう。
既往症によってはワイド団信にも入れないこともあります。
もし、ワイド団信でも審査に通らなかった場合は、フラット35を検討してはいかがでしょうか。
フラット35であれば、団体信用生命保険への加入は必須ではなく任意ですので、既往症があっても融資を受けられる可能性があります。
ただし、もしもの場合のリスクが大きいため、フラット35を利用する際はご家族と十分に話しあうほうが良いでしょう。

まとめ

住宅ローンを組むときは、団体信用生命保険に入るのが一般的です。
団体信用生命保険に加入することで、債務者に万が一のことがあったときは保険会社がローンを一括返済してくれるため、マイホームが家族の手に残ります。
既往症のせいで入れないケースでも、対処法はあるのでご安心ください。
私たち株式会社アフロでは、大阪市内の売買物件を多数取り揃えております。
住まい探しの際は、お気軽に当社までお問い合わせください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|マンション購入時の挨拶回りが必要な理由と注意点を解説!   記事一覧   不動産を購入するときにかかる登記費用とは?かかる費用をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る