株式会社アフロ テナント事業部 > AFLO心斎橋店のスタッフブログ記事一覧 > 中古マンションの購入にかかる金額とは?諸費用や手付金についてもご紹介

中古マンションの購入にかかる金額とは?諸費用や手付金についてもご紹介

中古マンションの購入にかかる金額とは?諸費用や手付金についてもご紹介

これから中古でマンションを購入しようと思っているのであれば、先に必要な諸費用についても把握しておくことが大切です。
中古物件の購入の場合、引っ越し費用及び入居に必要な税金なども合わせると、おおよそ物件価格の10%程度が諸費用として必要になるとされています。
今回はそういった必要な諸費用の一覧と、マンション購入の際に発生する手付金についてご紹介していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

中古マンション購入時に必要な諸費用の一覧

先に用意しておく必要のある金額は、手数料や保険料、そして税金です。

手数料や保険料など

まずは、必要になってくる費用の手数料や保証料の一覧です。
不動産会社の情報から中古マンションを探したのであれば、仲介手数料というのが発生することが多いです。
また新たに住宅ローンを組むのであれば、融資事務手数料と呼ばれる金融機関に支払う手数料が発生します。
それに加えローンが途中で返済できなくなってしまったときのために、保証会社が対応しますのでその契約に必要な保証料も発生します。
また、こちらも住宅ローン関連ですが、万が一ローンを支払っている方が亡くなってしまったなどで支払えなくなったときのために、団体信用生命保険に加入し、その保険料も必要となります。
住宅を守るためには火災保険に契約も必要ですので、当然この保険料も発生し、登記手続には登記手数料と呼ばれる手数料も発生します。
マンションの運営管理に必要な管理費修繕積立金も、購入の際に支払う必要があります。

税金

さらに、マンションの購入は大きな契約なので印紙税と呼ばれる税金、登記登録をするにあたって必要な登録免許税、不動産を所有することになるので固定資産税が発生します。
さらに、都市計画区域内に不動産を所有すれば、都市計画税、購入後に不動産を取得した方が1度だけ納める不動産取得税と言った税金も必要となります。

中古マンション購入時にかかる手付金とは?

この手付金というのは、売主に確実にこの物件を購入するという意思表示のために支払います。
この手付金があることによって、売手側や買手側の不当な契約破棄を防ぐことができます。
中古マンションにおける手付金の相場は、物件価格の10%とされていますので、相場より低すぎない、または高すぎないかもしっかりとチェックしておきましょう。
この手付金は、一見すると手数料にも見えますが、実際は購入金額の頭金として処理されています。
手付金は原則現金で支払いますので、その日までにしっかりと現金を用意しておきましょう。

まとめ

中古マンションを購入するにあたって、多くの諸費用が必要となります。
そこに加えて手付金と呼ばれるお金も必要となるため、最初に用意する金額は多くなります。
所用で必要なものが物件購入価格の約10%、中古マンションにおける手付金の相場が物件購入価格の約10%とされていますので、それぞれの金額を用意しておくようにしましょう。
私たち株式会社アフロでは、売買契約の取引に関するご相談を受け付けています。
大阪市内で不動産をお探しの方、所有する収益物件のリノベーションについてのご相談は、お気軽に当社までお問い合わせください!
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産売買をおこなうときの売買契約書とは?注意すべきポイントをご紹介   記事一覧   マンション購入時の挨拶回りが必要な理由と注意点を解説!|次へ ≫

トップへ戻る