株式会社アフロ テナント事業部 > 株式会社アフロ AFLO心斎橋店のスタッフブログ記事一覧 > マイホームにビルドインガレージを設置する費用とは?維持費もあわせて解説

マイホームにビルドインガレージを設置する費用とは?維持費もあわせて解説

カテゴリ:更新情報

マイホームにビルドインガレージを設置する費用とは?維持費もあわせて解説

車好きに限らず、雨の日は濡れずに出入りしたい、車を紫外線や野良猫などから守れるなどさまざまなメリットがあるのが、ビルドインガレージです。
この記事ではそんなビルドインガレージをマイホームに設置する費用と、維持費について解説しています。
狭い敷地でも駐車場スペースを確保したい、趣味の物を置ける倉庫スペースがほしいという人は、ぜひ参考にしてください。

弊社へのお問い合わせはこちら

マイホームにビルドインガレージを設置する費用相場とは?

ビルドインガレージとは、家のなかにある駐車スペース(車庫)を意味します。
車の出入り口としてシャッターが設置されており、防犯面に優れるほか車を外気にさらさずに済む・倉庫スペースが確保できるといったメリットがあります。
マイホームにビルドインガレージを設置する費用相場は、おおかた30万円~100万円と考えてください。
参考までに既存の敷地に駐車場を作る工事の費用を見ていきましょう。

庭だった部分をカーポートにする工事:30万円

外庭にあたる場所をコンクリートでならし、カーポートを設置する工事は30万円もあれば可能です。

電動シャッター付きのカーポートを設置する工事:約100万円

また、電動シャッターを付ける場合の費用は100万円前後となります。
シャッターのグレードによって価格は前後しますが、駐車場スペースを確保してシャッターを付けることだけを考えると~100万円で施工可能ということです。

増改築を伴うビルドインシャッターの設置工事:150万円~300万円

ビルドインガレージの場合、ここに既存の部屋をリフォームするといった工事も追加されます。
増築を見込む場合はさらに50万円~200万円が追加されると考えてください。

マイホームにビルドインガレージを設けた場合の維持費とは?

続いて、ビルドインガレージを設備として設けた場合の維持費について見ていきましょう。
この場合の維持費に該当するのは、家に対する固定資産税とシャッターの点検費用です。
固定資産税についてはビルドインガレージにするほうが、いくらかお得になるでしょう。
というのも、ビルドインガレージの面積がマイホーム全体の延べ床面積の5分の1未満であれば容積率に含まずに計算されます。
つまり、ビルドインガレージがあったほうが家の敷地面積が少なく換算されるため、減税につながるのです。
さらに、シャッターの点検費用は年間およそ1万円となります。
点検費用がかかる点はネックですが、それでもビルドインガレージがあることで得られるメリットが大きいのは事実です。

まとめ

マイホームにビルドインガレージを設置する費用と、維持費について見てきました。
住居スペースが狭くなるものの、ビルドインガレージにはメリットが豊富です。
物置として活用しながら、固定資産税の軽減につながるのも嬉しい話です。
特に新築で一緒に設置してしまう場合は、メリットが大きくなるでしょう。
私たち株式会社アフロ不動産販売では、大阪市内の不動産情報を豊富に取り扱っております。
土地建物の売却でお困りでしたら、当社までご連絡ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産会社リンク一覧
≪ 前へ|不動産売却の際にリフォームは必要?注意点についても解説   記事一覧   Brandlex.[ブランドレックス]様(ブランド品買取店)|次へ ≫

トップへ戻る