株式会社アフロ テナント事業部 > 株式会社アフロ AFLO心斎橋店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産売却について旗竿地の評価は低い?旗竿地を売却する方法とは?

不動産売却について旗竿地の評価は低い?旗竿地を売却する方法とは?

カテゴリ:更新情報

不動産売却について旗竿地の評価は低い?旗竿地を売却する方法とは?

不動産の売却について、旗竿地の売却価格が他の土地に比べて低くなりがちなのをご存じですか?
そもそも旗竿地とはなにか、評価が低い理由や売却の方法についてご紹介します。
気をつけたい注意点についても合わせてご紹介します。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産売却について旗竿地の売却とは?評価が低い理由とは?

不動産の売買では、その土地の価値を基準として売却金額が決まります。
旗竿地の場合、一般的に土地の評価は他の土地に比べて低くなりがちです。
そもそも旗竿地とは、都市部の住宅が密集した地域に多く、道路と土地を結ぶ通路があり、上空から見た形が竿に旗がついたような形をしています。
ちなみに、道路に隣接した土地で、正方形や長方形に近い形をした土地を整形地と呼びます。
どうして旗竿地のような土地ができるのかというと、都市計画区域において、家を建てる場合、土地が道路に2m以上接することが義務付けられています。
旗竿地の評価が低い理由は、竿のような部分の通路を通って出入りすることや、まわりに住宅が密集していることから、日当たりが悪い場合があります。
また通路が狭いことで、建物を建設する際に重機が入れず、建築コストが高くなる可能性もあります。

不動産売却について旗竿地を売却する方法とは?

不動産の売却について、旗竿地も他の不動産のように売却は可能です。
評価が低くなりがちであったとしても、ある一定の条件をクリアしていれば、売却は可能です。
条件とは、

●竿の部分の通路が十分な幅がある
●再建築可能な土地である
●中古物件として売却可能であること


旗竿地の通路部分が通路としてだけでなく、駐車場として利用できることがポイントです。
建物込みで中古物件として売却する方法とは、建物に対して、日当たりや風通しがよくなるような工夫がされていることが重要です。
注意点として、古い旗竿地に多いパターンに、通路部分が狭く、都市計画区域などの条件を満たさない場合、再建築不可の場合があります。
古い建物を取り壊し、新たに建物を建築できるか確認してください。
また売却する場合、あえて予算の関係で旗竿地を探している人もいます。
旗竿地は、同じ面積であっても整形地より評価が低い分、固定資産税も安くなります。
都会の激戦区においては、その地域にマイホームを構えたいと狙っている人が多いため、旗竿地であったとしても売却できます。
旗竿地のメリットを活かし、よりよく評価してもらえる不動産会社を選ぶことも大切ですね。

まとめ

不動産の種類の1つである旗竿地の売却について、旗竿地とはなにか、また旗竿地の売却方法についてご紹介しました。
ぜひ参考にしてみてください。
テナントプロは、大阪市内の事業用物件を多数ご紹介しております。
大阪市内へお引っ越しの際は、ぜひ当社までご相談ください。
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|遠方にある不動産をスムーズに売却するには?契約に立ち会えないならどうする?   記事一覧   不動産売却をする前にホームインスペクションの効果を知っておこう!|次へ ≫

トップへ戻る