06-6241-3334

営業時間 10:00~19:00 定休日 年末年始

株式会社アフロ テナント事業部 > 株式会社アフロ AFLO心斎橋店のスタッフブログ記事一覧 > 不動産購入の時に知っておきたい固定資産税の計算方法

不動産購入の時に知っておきたい固定資産税の計算方法

カテゴリ:更新情報

不動産購入の時に知っておきたい固定資産税の計算方法

不動産を購入し所有する場合、その不動産は資産となりますので固定資産税を支払う必要があります。
固定資産税は不動産を所有している限り毎年支払う義務のある地方税です。
今回は不動産購入を検討されている方に向けて、固定資産税の計算方法と留意点をお伝えします。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を購入したら支払う固定資産税とは?簡単な計算方法

固定資産税は不動産購入後に毎年支払う必要のある税金です。
固定資産税は比較的高額であるため住宅ローンなどを利用して不動産を購入する場合、資金計画にいれておくと安心でしょう。
そのため不動産購入の前にどのくらい支払うのかざっくりと把握しておくと安心です。
さて気になる固定資産税の計算方法ですが、不動産価格の70%をおおよその評価額とし、税率1.4%をかけると算出できます。
たとえば購入する土地の固定資産税評価額が2,000万円の場合、2,000万円×1.4%=28万円となります。
さらに土地に関しては住宅用であれば特例措置があり、200㎡以下の場合課税標準を1/6、200㎡超であれば1/3に軽減されます。
新築のマイホームであれば購入後数年間建物にかかる税額が半額になる優遇措置もあります。
実際の固定資産税評価額は自治体の評価員の家屋調査によって算出されます。
ハウスメーカーなどに建築を依頼するのであれば、事前に尋ねれば固定資産税の相場は教えてもらえることもあります。

不動産を購入したら支払う固定資産税の留意点

次に不動産購入後に支払う固定資産税の留意点についてお伝えします。
まず不動産購入の固定資産税にはさまざまな減税措置があることをご紹介しましたが、長期優良住宅やバリアフリー改修などの条件があります。
どの軽減措置が利用できるのか、条件があてはまるのかなどを事前にチェックしておくと安心です。
優遇措置は期間限定のものもあるので、将来的に額が上がることも資金計画に組み込んでおきましょう。
そして固定資産税は3年ごとに見直しされるので、地価の上昇などにより固定資産税額がアップしてしまうこともあるので注意しましょう。
注文住宅で固定資産税を節約したいと考える場合、床面積を減らす方法があります。
ロフトや小屋裏収納は床面積には含まれないので有効に利用するのがおすすめです。

必見|ファミリー向け物件特集

まとめ

今回は不動産購入を検討されている方に向けて、固定資産税の計算方法と留意点をお伝えしました。
固定資産税の計算方法は複雑ですが、床面積などからだいたいの額が把握できます。
毎年支払う税額が分かっていると、無理のない住宅ローン返済計画が立てられますね。
私たち株式会社アフロでは、賃貸物件の管理に関するご相談を受け付けています。
大阪市浪速区・中央区で管理会社をお探しの方、所有する収益物件のリノベーションについてのご相談は、お気軽に当社までお問い合わせください!
住まいをお探しの方はこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産を売却したら確定申告はするの?流れや手続きをご説明!   記事一覧   お子さまの健やかな成長を支える大阪市浪速区でおすすめの小児科2選|次へ ≫

トップへ戻る